【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシック

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。

 



【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシックブログ:12-12-17

わたくしは高校を卒業した後、
故郷を離れ東京の専門学校へ4年間通い、
両親の仕送りを受けながら、
一人暮らしをさせてもらっていました。

田舎から一人で東京に出てきて、
右も左もわからず学校の入学式を迎え、
もちろん、一人も仲間、知り合いなんていません。

そんな不安な中、
東京在住のA君という仲間と仲良くなり、
実家へ遊びに行っては食事をごちそうになったり、
時にはそのまま泊まって行ったりし、
なんとなく東京での生活も慣れてきました。

学校での14時食は
毎日のようにA君と学食で食べていたのですが、
ひと月くらいが過ぎた頃…

A君が
「わたくし、明日から母に弁当作ってもらうわ」
と言いました。

わたくしは、
入学してから毎日のようにA君と学食に行っていたので、
なんとなく寂しい感じをしましたが、
「じゃあ、俺は他の子達と学食に行くよ」
と言いました。

すると、A君が思いもよらぬことを言いました。
「お前の分もわたくしの母が作ってくれるみたいだから、
一緒に持ってくるわ」
と言ってくれました。

しかし、さすがにわたくしは申し訳ないと思い、
一度は遠慮したのですが、改めてその日A君の母から、

「一つ作るより二つ作る方が弁当は作りやすいから、
遠慮しないでいいんだよ。何か嫌いな物ある?」
と言われ、

欠かさずわたくしは遠慮もせず、
「レバー」(苦笑い)と言いました。

その会話により、
次の日から毎日A君は、
わたくしのために弁当を二つ持ち帰りしてくれました。

そうして4年間、
わたくしはA君の母に毎日弁当を作ってもらい、
そしてK君に持ち帰りしてもらう…
なんとも考えられないような人の好意によって
栄養を欠かさない食生活をおくらせてもらいました。