【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らない

【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らない


【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らない
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人間の手によって手術がされている以上、ミスを引き起こしてしまうこともあるので、もしものためにいろいろと勉強をしておきましょう。まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
その時にレーシックを受ける候補に入っていたクリニックで発生率が高かったというデータがあれば、そのクリニックは避けるべきです。

レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症を引き起こしてしまったり、失敗してしまった人達は、勉強を怠っていたというデータがあるのでご注意ください。
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。




【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らないブログ:10-11-17

おれには小学生のムスコがいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

1週間前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「子どものことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

おれが答えたことは、
「子どものハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他の子どもたちと比べてしまうから切ないのかな、いや~でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のおれの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしておれはしばし黙って考えました。

それからおれは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う~ん、なんかおれが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、おれは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のおれの気持ちが、
「つらいよ~、おれの気持ちに気付いてよ~」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたおれは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらない子ども」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。

【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らない

【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らない

★メニュー

【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシック
【レーシック手術】レーシックの安全性は非常に高い
【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術
【レーシック手術】割引制度を利用してレーシック手術
【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らない
【レーシック手術】レーシックはどのように行われるのか
【レーシック手術】これからは裸眼で快適に生活
【レーシック手術】何よりもクリニックのサポート体制に注目
【レーシック手術】事前にレーシックの給付金を確認
【レーシック手術】レーシック治療の実績数は要チェック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力が回復する最先端医療レーシックガイド