【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術

【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術


【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。
レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。




【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術ブログ:02-7-17

ミーは十年以上一緒に暮らしてきた
タバコを手放す決意をしました。

タバコ、やめられそうだな…
そう感じたきっかけは
ミーにとって「タバコを吸う」という行為自体が
自分自身の「父を感じる」ことなんだな…
と気がついてからでした。

父はヘビースモーカーです。
幼少の頃、父の枕に顔を近づけると、
整髪料の匂いに押し込められたようにヤニの匂いがまじっている、
それを感じたときのほっとする気持ち。

ミーの中でそれが「大好きな父」だと
認識していることに気がついてからでした。

ミーが本当に好きだったのは、
この父の匂いではなくて、
父の屈託のない笑顔だったり、優しいエネルギーだったりしたのですが…

たっぷり過ぎる反抗期に
父なんか必要ないと、父から心理的に距離をとり、
父の中に見える嫌いな部分や、痛みや苦しみばかり見てしまった結果、
自分の心の中にいた
「好きなほうの父」を抑圧してしまっていたようです。

それでも、
幼少の頃は父が大好きで
父の膝の上やうでの中で
ほっとしたんだということは
抗えない事実として
ミーの古い古い記憶の底にあるのでしょうね。

「大好き」を抑圧し感じないように無意識的に振舞う分だけ、
それを補完するように「ほっとさせてくれるタバコ」が
ミーにとって不可避なものになっていったようです。

大人になり、父のことを理解し許し始め、
父に対して信頼を取り戻すことができ始めたときに
ふっと「タバコをやめられる自信」がついたようです。

本当に欲しかったのは、煙草の煙でなくて、
父を大好きで信頼できるという気持ちだったのです。

【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術

【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術

★メニュー

【レーシック手術】まだまだ新しい技術のレーシック
【レーシック手術】レーシックの安全性は非常に高い
【レーシック手術】日帰りで出来るレーシック手術
【レーシック手術】割引制度を利用してレーシック手術
【レーシック手術】手術なので確実に成功するとは限らない
【レーシック手術】レーシックはどのように行われるのか
【レーシック手術】これからは裸眼で快適に生活
【レーシック手術】何よりもクリニックのサポート体制に注目
【レーシック手術】事前にレーシックの給付金を確認
【レーシック手術】レーシック治療の実績数は要チェック


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力が回復する最先端医療レーシックガイド